ハーブティーの飲み方

【ティーの基本的な淹れ方の手順】

1 沸騰したお湯をティーポットの中に注ぎいれ、ティーポットを温めます。
(お湯の温度は緑茶は~70度、他茶は80~95度前後が適温)
2 ティーポットの中のお湯を飲杯(インハイ)に移し、飲杯を温めます。
3 温めたティーポットの中に適量の茶葉をいれます。
4 適温のお湯をやさしく「の」の字を描くように、注ぎます。
5 蓋をして、抽出時間を待ちます。
6 飲杯を温めておいてお湯を捨てます。
7 抽出されたお茶を飲杯に注ぎます。
8 回し注ぎする
→1、2、3、と飲杯に半分くらい注ぎ、3、2、1と戻ってくるように回し注ぎ味を均一化します。
目安は水色(スイショク・お茶色の濃度)です。
9 出来上がり。
飲む前に鼻腔の下へ飲杯を持っていき、アロマ(香り)を鼻から吸って
脳に届けてからお飲み下さい。(第一薬効果)

身体のほとんどは水分で出来ています。
植物由来の飲料は古くから「薬」として飲まれてきました。

そして、水分を取らない日は無いのです。
ただ、喉を潤す水分補給だけではなく、意識して良質な水分を摂取し、身体の水分を上質なものに入れ替えましょう。

1日1杯、100mlだとしても、10日間続ければ1リットルです。
日々の意識を少しだけかえることにより身体に蓄積されていきます。

健康は財産ですね。

身体の主成分である水分を良質なものに入れ替えませんか?
お茶で美味しく簡単に1日一杯。
身体の中から美しく、そして、健康に。

世界のハーブティー、紅茶、日本茶、中国茶、珈琲の専門的な知識をもとに、健康・美容・グルメの観点から楽しく身体によい飲み方をアドバイスいたします。

『私たちの体内の約70%が水分だということを知っていますか』

ハーブティーやお茶、珈琲は昔から「薬」として飲まれ、今も多くの人々に愛されているのに理由があります。また、どの国にも料理とお茶、珈琲のその組み合わせには理由があります。

さまざまな料理と世界のハーブティー、お茶の「組み合わせ」さまざまなシーンでの世界のハーブティー、お茶の「おもてなし」さまざまな人の「体質に合わせてブレンドする」 世界のハーブティー、お茶。

『毎日、食べたり飲んだりする全てのものが、私たちの身体となっていることを知っていますか」だからこそ、毎日、口にする一杯を変えるだけで身体も変化し、そのひとの人生をも変えてしまうほど。

例えば、ホテルやレストラン。
世界中の食材が簡単に手に入る現代。

しかしながら一流のシェフといわれるひとですら飲料と食事の組み合わせについての理解があまりにも不足していて、せっかくのハーブティーやお茶、珈琲の力や本来の美味しさを活かされてはいません。美味しい料理のあとに、さらに美味しい記憶を残してくれる役割は、植物由来飲料(ティー)なのです。

■ なぜ、Elegant Beauteaと和流美麗茶は解決できるのでしょうか?

(1)ホメオスタシスを高める
(2)自然治癒力が高まる
(3)抗酸化作用がある

● お茶の中に有効成分が詰まっている。
● 凝縮された成分を水分として消化も必要ありません。
● ダイレクトに体に吸収できます。

■ 今日から一日一杯
Elegant Beauteaと和流美麗茶
お好みの味でお飲みください!!

サイトはこちら↓↓
http://kayamamako.shop-pro.jp/

【注意とお願い】

使用する場合は
http://kayamamako.shop-pro.jp/
のリンクを貼りご使用願います。

本サイト上の文書や画像等の各ファイル及びその内容に関する諸権利は、原則として名張市に帰属します。
また、一部の画像・イラスト等の著作権は、原著作者が所有していますので、これらの無断使用、転載、二次利用を禁止します。

著作権法上の「私的使用」や「引用」の範囲を越え、本ページの情報の使用を希望する場合は事前に企画財政部 広報対話室までお問い合わせください。事前の許可がない限り、転載、変更、発行、配布、掲示などは一切できません。

なお、掲載されている情報は、個人的かつ非営利的な使用目的だけのために利用する場合に限り、複製、使用、ダウンロードができます。また、いかなる場合であっても、掲載資料の使用に際して発生した損害については一切の責任を負いかねます。

ピックアップ商品

エレガントビューティー 12p入り 腸壁を癒すブレンドハーブティー

腸壁を癒すブレンドハーブティー エレガントビューティー(12p入り)

厳選の11種を贅沢に欲張りにブレンド。 体にいい成分がたっぷりのお茶です。 とにかく良い成分を、あれも、これも。 一杯で簡単に摂取…

売れ筋商品

運営者情報



◆佳山真子◆
佳山真子が上質な美容・美肌・美白・健康効果ハーブティーの通販やお茶などをご紹介させて頂きます。愛犬用ハーブティーもお薦めです。是非、一度お試し下さい。
ページ上部へ戻る