硬水・軟水・お茶について

【軟水と硬水】

【軟水】カルシウムとマグネシウムの含有量が比較的に少ない水
【硬水】カルシウムとマグネシウムの含有量が比較的に多い水

ということになるのですが、具体的な硬度による分類基準というのは、国の違いなどによって変わってくるようです。

・日本での一般的な分類

【軟水】硬度が100mg/L未満
【硬水】硬度が100mg/L以上
【軟水の特徴】

・口当たりが柔らかく、さっぱりしていている
・緑茶を入れる際に色や風味が出やすい
・旨み成分を引き出しやすいなど、煮炊きの多い日本料理に適している

【硬水の特徴】

・のどごしが硬いが、しっかりした飲みごたえを感じる
・緑茶を入れる際に色や風味が出にくい
・肉を煮るときなどにアクが出やすいですが、和風料理にはあまり適さない

【お水】

私たち人間の体は水分で構成されている割合が思いのほか多く、成人であれば体重の約60パーセントが水分でできていると言われています。日々の生活においては尿、便、汗などで水分が排出され、1日あたりに排出される水分量の合計は約2リットルと考えられています。

では、毎日約2リットルから2.5リットルの水を飲めば良いのか?
というとそうではなく、というのも、食物から摂取している水分や、体内で発生する【代謝水】もあるからです。
ちなみに、代謝水というのは摂取した食物の栄養素が代謝されて生じる水分のことです。

この食べ物や代謝水からの水分摂取量というのが、1日あたり1リットル前後ぐらいと考えられていますので、食事以外での飲料水から補給すべき1日の水分摂取量の目安というのは、約1リットル以上であると言えます。

【お茶について】

ツバキ科の多年性植物(常緑樹)で、
学名を「カメリアシネンシス」といいます。
茶葉自体のと栄養と、香りの有効成分の両方の効果効能があります。

緑茶も紅茶も烏龍茶も、同じお茶の樹の新芽を摘んで加工したものです。
それぞれの加工方法が大きく異なります。

カメリアシネンシスにはアッサム種と中国種があります。
アッサム種は主に紅茶の原料となります。

カメリアシネンシスが育つのは、温かい気温と豊富な水が必要となります。
そのため、世界地図で生産国を見てみると、だいたい北は北緯45度以南、南は南緯45度以北の範囲が茶樹の栽培ができる地帯とされています。

カメリアシネンシス
アッサム種(紅茶向き)
中国種(緑茶向き)

樹・木
喬木型、直立
潅木型、
地上ですぐ枝分かれ10mをこえるものもある 2~3m
葉サイズ 12×4cm以上 9×3cm以下

含タンニン量 多い アッサム種より少ない
酸化酵素の活性 非常に強く、発酵しやすい アッサム種より弱い
成長の条件 熱帯性、寒さに弱い、高温多湿 熱帯性、寒さに弱い、高温多湿
香りや味 香り高く、味濃厚 水色は弱い、デリケートな香味

主な栽培国
インド・スリランカ・インドネシア・アフリカ諸国など 中国・日本・トルコ・南米・イラン・インドやスリランカの高地の寒冷地など

葉質 軟らかく厚い 薄く硬い(繊維質)
葉の形状 長く先端が尖形、表面にしわ 短楕円・尖形、様々な形、表面平滑 適期に摘採した生葉を加工することによって製品となります。茶葉は、摘採した時点から酸化酵素の働きによって変化(発酵)が始まります。

茶葉に熱処理(日本では蒸すが多い・中国では炒るが多い)を することによって酸化酵素の活性を止め、葉の形状を整え、
水分をある程度まで下げ、保存に耐えられる乾物状態にします。

チャの葉は酸化酵素の働きによる「発酵」の進み具合によって分類されます。

・不発酵茶 発酵0%
・半発酵茶 発酵 その間
・完全発酵茶 発酵100%

茶葉の色で6種類に分けられます。
「青茶」「黄茶」「紅茶」「白茶」「黒茶」「緑茶」の6種類です。

萎凋(いちょう)→室内や室外で茶葉を広げ葉の水分を軽く飛ばして、しおらせる工程殺青(さっせい)→高温で酵素活性を壊して、発酵を止めます。日本では蒸す、中国では炒ることが多いです。

揉捻(じゅうねん)→ 葉の内部の水分を出すため、葉の形状(よく撚りまれる)形になるように茶葉を揉みこみます。

0%発酵 不発酵茶
「緑茶」
日本、中国ともに、お茶といえば緑茶といっても過言ではありません。

0~10%発酵 半発酵茶
「白茶」
芽吹いたばかりの若葉をわずかに発酵させたお茶が白茶です。
若葉の産毛が白いので白茶と呼ばれています。

0%~20%発酵 半発酵茶
「黄茶」
六大茶類の中でもっとも高価で希少価値が高いお茶が「黄茶」です。

20%~80%発酵 半発酵茶
「青茶」
発酵過程の色がシルバー・ブルーになる為、青茶と呼ばれています。

100%(完全)発酵 完全発酵茶
「紅茶」
イギリスを経て、中国で独自の進化を遂げました。

コウジカビ(微生物)が発酵 後発酵茶
「黒茶」
加熱処理をおこなったあと、コウジカビ(微生物)に
発酵させたお茶を黒茶と呼びます。

発酵度合い(パーセント表記)はあくまで目安です。

ピックアップ商品

エレガントビューティー 12p入り 腸壁を癒すブレンドハーブティー

腸壁を癒すブレンドハーブティー エレガントビューティー(12p入り)

厳選の11種を贅沢に欲張りにブレンド。 体にいい成分がたっぷりのお茶です。 とにかく良い成分を、あれも、これも。 一杯で簡単に摂取…

売れ筋商品

運営者情報



◆佳山真子◆
佳山真子が上質な美容・美肌・美白・健康効果ハーブティーの通販やお茶などをご紹介させて頂きます。愛犬用ハーブティーもお薦めです。是非、一度お試し下さい。
ページ上部へ戻る